GARDENING

ガーデニング
ガーデニング
家族が団欒できる場所。ひとりでほっとできる場所。草花や木々と対話する、ガーデニングを楽しむ場所。お庭の活かし方は千差万別です。アーバンエクステリアにご依頼されたお客様の、お庭の活かし方をご覧ください。

GARDEN No.94
千葉市T様邸


アイストップとして、目に留まりやすいポストをアプローチ前に取付けました。

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

BEFORE
樹木によって視界が遮られていたアプローチ。

AFTER
既存樹木を一部伐採&移植し、見晴らしの良い空間へと仕上げました。

またアプローチの入口には目印となるよう、ボビーポスト(セキスイエクステリア)を取付けました。機能ポールコレット2型(三協アルミ)とのコントラストが映えています。

アプローチ周りの足元にはオタフクナンテンの植込みをちりばめ、紅葉も楽しめるような工夫を凝らしました。秋の季節が待ち遠しい空間です。

施工後イメージパース

項目を追加

GARDEN No.93
市原市S様邸


ディーズジェットカンナをアクセントに南国風アプローチを施工

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

BEFORE

AFTER
タイルアプローチの先には「ディーズジェットカンナフォルテ」
配置しました。

BEFORE

AFTER
フェンスも植栽が映える色を意識して配置しました。

BEFORE

AFTER

立水栓はonly oneの「ジラーレブラックブロンズメッキ」を使用。白地に黒のコントラストが効いています。

施工後イメージパース

項目を追加

GARDEN No.92
千葉市I様邸


シンプルかつナチュラルな人工木材による目隠しを配置

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

BEFORE
お庭の目隠しとなるものを施工

AFTER
入口付近に常緑木のジューンベリーを、目隠しフェンスの横貼りには、リサイクル樹脂素材の人工木「ディーズガーデン アルファウッド」、また、木材のリアルな質感を再現したシートがアルミ材に貼られた「タカショースリットフェンス格子材」を配置致しました。

項目を追加

エクステリア・ガーデンのお手入れについて

項目
テキスト

Q. 木製製品のフェンスやデッキ・パーゴラなどはどんなお手入れをしたらいいですか?
A. 天然木製品は紫外線や雨によって色褪せが生じます。
1年に1回程度を目処に、木材保護塗料を塗布することで、長持ちします。手順は以下の通りです。

①木部を水洗いしてから、良く乾かす
②ハケ(保護塗料には薬品が含まれているので、スプレーは厳禁です)で塗装する
③乾いた布でふき取ると、仕上がりが奇麗です

Q. 樹脂製品のフェンスやデッキなどはどんなお手入れをしたらいいですか?
A. 樹脂製品は腐食などの心配はありませんが、屋外での使用ではどうしても汚れます。
汚れてしまった場合はスポンジや柔らかい布を水、またはお湯で濡らし、早めにふき取ってください。

汚れがひどい場合には中性洗剤を薄めて汚れを落とした後、良く水洗いをして洗剤をふき取ってください。
金属製のブラシやスチールウールは傷の原因になりますので、使用は厳禁です。
また傷を補修する場合は、60番前後のサンドペーパーをデッキ材の長い方と並行にこするときれいになります。

Q. アルミ製品のフェンスやカーポートなどはどんなお手入れをしたらいいですか?
A. アルミはスチールなどと比べて、サビにも強く長寿命な素材です。
ただ、表面に付着した汚れを長時間放置しておくと腐食の原因になることがありますので、
年に数回水洗いをすると長持ちします。

汚れが軽い場合は、水でぬらした布でふいた後に空ぶきしてください。
汚れがひどい場合には、中性洗剤を薄めて汚れを落とした後、良く水洗いをして洗剤をふき取ります。
サビが出ている場合には、中性洗剤を薄めたものをつけたスポンジのタワシ部分でこすり取り、
その後、水洗い、空ぶきをしてください。金属製のブラシや金ベラは製品を傷めますのでさけましょう。

Q. ブロックやレンガなどが施工当時より白くなってしまったが、どうしたらいいですか?
A. ブロックやレンガなどが白くなってしまう現象は、白華(エフロレッセンス)現象といいます。
コンクリート内の石灰成分が、水と一緒に表面に染み出し、水分だけ蒸発して結晶化する現象のことです。
白華が軽い場合には水で濡らし、スチールウールやサンドペーパーでこすれば落ちます。

ひどい場合には、まず水で濡らした後にワイヤブラシなどで削るか、酸性洗剤(サンポールなど)を2~3倍に
うすめたもの(頑固な場合は原液)をかけてブラシでこすり取ったあと、水洗いをしてみてください。
(作業中は洗剤に直接触れないよう、ゴム手袋をするなどしてください)
項目を追加