EXTERIOR

外構エクステリア
外構エクステリア(新築)
家の外構は、毎日生活する場所の一部です。使ってみて初めて不便だと感じる部分や、
ご家族の成長・生活スタイルの変化によって、使い勝手が変わることもあるでしょう。
例えば、自動車をもう1台置くスペースを確保したい、家の周囲の草取りが大変なので何とかしたい、など。アーバンエクステリアがお手伝いした、そんな施工事例をご紹介いたします。

EXTERIOR No.70
千葉県市原市 O様邸


葉っぱ形の敷材を使用し、オリジナリティ溢れる優しい雰囲気の空間に

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

アンティーク調の機能ポールが映える色合いの空間です。

玄関前のアプローチ

土間抜きの中心にはonly oneの「ストーンフレアリーフ&メッシュストーン」を埋め込み、柔らかな雰囲気に仕上げました。

ウッドデッキは段差を付け、昇り降りを快適に。

項目を追加

EXTERIOR No.69
千葉県市原市 A様邸


お客様ご自身のアレンジによって、更に素敵な空間へ

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

今回ご紹介するお宅はお客様が自身で、門柱周りの配植をお考えになりました。

そして広々としたお庭にはクリスマスも楽しめる様にと、モミの木を植えられました。今後もお客様のアレンジによって、ますます素敵な空間になりそうな予感がしますね!

土間抜き部分のアクセントとして用いた3色レンガは、建物外観の色合いと調和するものを使用致しました。

また、お客様はご友人をお宅に招いてお花見やBBQなど、季節ごとのイベントを定期的に催しているとのことで広いタイルテラスを希望されていました。テラス部分の隅にはお洒落な物置「ディーズガーデンカンナ」を設置し、華のある空間に仕上げました。

駐輪場の土間には、お施主様支給品のタイルを埋め込みました。

勝手口手前の土間にも、支給品のタイルが埋め込まれています。門扉はディーズガーデン「ファーム門扉」を使用致しました。

項目を追加

EXTERIOR No.68
千葉県千葉市 S様邸


ローメンテナンスかつシンプルでナチュラルな外構空間

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

今回はローメンテナンスで機能性を重視したシンプルナチュラルな空間をご提案させて頂きました。

お庭には完全ローメンテナンスの人工芝を。

化粧ブロック上には木目調フェンスを設置し、色味を統一させました。

デザイン性のある機能門柱には、お客様のご要望により可愛らしい猫のモチーフがはめ込んであります。

車止めを兼ねたローステップの階段は天然砂岩のカットにより、色ムラや凹凸が出て石材の質感がより一層強調されました。

項目を追加
外構エクステリア(改修)
家の外構は、毎日生活する場所の一部です。使ってみて初めて不便だと感じる部分や、ご家族の成長・生活スタイルの変化によって、使い勝手が変わることもあるでしょう。例えば、自動車をもう1台置くスペースを確保したい、家の周囲の草取りが大変なので何とかしたい、など。アーバンエクステリアがお手伝いした、そんな施工事例をご紹介いたします。

EXTERIOR No.48
千葉県千葉市 N様邸


柱立てをアットランダムに設置し、道路側を奥行き感のある空間に

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

完工写真

イメージパース図

項目を追加

EXTERIOR No.47
千葉県千葉市 フレンチカフェM


お店の外観に合わせ、ホッと安らげる空間を演出しました
【POINT1】建物の外壁のお色味に合わせ、暖かい色合いであるベージュの袖壁を使用。
【POINT2】袖壁の横には、ワンポイントとして3本の枕木を立て掛けました。
【POINT3】入口のサイドに広々とした花壇スペースを。四季折々の花がお店を彩ります。

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

BEFORE

AFTER

項目を追加

EXTERIOR No.46
千葉県千葉市 T様邸


ミントグリーン基調のシンプルモダンな外構空間

うつくしい森で飾られたモリーオ市

Web Solution Division - Interactive Planner
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら。

夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

BEFORE

AFTER
お宅の外壁に合わせ、ミントグリーン基調の石材を散りばめました。

BEFORE

AFTER
機能門柱は“STICK170″(トーシンコーポレーション)に一新しシンプルで清潔感のあるアプローチに仕上げました。

駐車場の壁面にはアクセントタイル、土間には爽やかな色合いのピンコロ目地を。

目隠しの柱立て。芝地にも馴染みやすいナチュラルな色合いの資材を用いています。

施工後イメージパース図

項目を追加

エクステリア・ガーデン工事全般について

項目
テキスト

Q. ちょっとした小さな工事ですが、お願いできますか?
A. はい。アーバンエクステリアでは、例えばブロックや門扉などの補修といった部分的な工事や、
植木1本の植栽など、小規模なご依頼にも対応致します。

まずは何でもお気軽にお問い合わせください。

Q. 相談する際に、用意するものはありますか?
A. 必ずご用意いただかなくてはいけないものはありません。お気軽にご相談ください。
ただご用意いただくとお打合せがし易いものとしては、建物と敷地の図面・ご希望のイメージがある場合は
雑誌や写真などの資料があります。

Q. 少し遠いのですが、どの地域まで工事をお願いできるのですか?
A. 
アーバンエクステリアの施工地域は、市原・千葉市全区・四街道・東金・佐倉・八千代・八街・
富里・成田・習志野・船橋・鎌ヶ谷・印西・となります。

千葉県内その他の地域にお住まいの方はご相談下さい。

Q. 工事中家にいられないが、大丈夫ですか?
A. 
事前に十分お打合せをし、工事内容についてご理解いただいた上で進行いたしますので、
ご不在の場合でもご安心してお任せください。
また工事の途中でご確認いただく必要がある場合は、お客様のご都合に合わせ、お打合せした上で作業を進めてまいります。ご不在の場合でも、電気、水道等を支給していただく場合もありますので、必要な場合には予めご了承をいただきます。

Q. 工事の前にご近所へ声を掛けた方がいいですか?
A. 
アーバンエクステリアでは、お客様とご近所の方々が良好な関係で工事が行えるように工事着手前に
営業担当者が徹底してごあいさつを行っておりますので、特にお気になさらなくても大丈夫かと思います。
もちろんお客様が直接声をお掛けになれば、より丁寧なご対応になるとは思います。

項目を追加

外構エクステリア工事(新築)について

項目
テキスト

Q. 新築の外構(エクステリア)工事ですが、いつ頃から相談すればいいでしょうか?
A. 
建物のおおよそのプランや配置、外観のイメージが決まった頃ご相談いただくと、
より使い勝手のよいエクステリアのご提案ができます。
早い段階から外構計画を進めることにより、特に高低差のある場合、駐車スペースが限られている場合などは、
建物の着工前から外構のおおよそのレイアウトを考えておくと、水道・ガスなどの配管といった建物の工事と
関わる部分でアドバイスが可能になります。(この段階では、概算でのお見積りになります)
もちろん、建設中のお客様もどうぞお気軽にご相談ください。

Q. オープン外構とクローズド外構とどちらがいいのでしょうか?
A. それぞれメリット・デメリットがありますが、
デメリットの部分は設計の工夫で解消できるものもあります。

Q. 新築の外構(エクステリア)工事の施工期間を大まかに教えてください。
A. 一般的な広さの外構で、おおよそ2週間程度です。
ただし実際の施工期間については、敷地の高低差や設計内容、天候によって増減します。
ある程度余裕をもってご相談いただくことをお勧めいたします。
項目を追加

外構エクステリア工事(改修)について

項目
テキスト

Q. 既存の庭を解体して駐車スペースを拡張したい。どの程度の幅、奥行きが必要ですか?
A.
こういったお問い合わせでよくあるケースとして、2パターン紹介いたします。
1つ目は、道路と直角に配置されている駐車スペースの奥に、真っ直ぐもう1台分入る駐車スペースを確保したいというタイプ。標準的な乗用車の場合、幅2.5m、奥行き5.5m程度を基準に考えます。2つ目は、既存の駐車スペースが道路と直角に配置されており、2台目分は道路と並行に配置したいというタイプ。この場合は縦列駐車となるため、幅に余裕をみて6m程度、奥行きは2.5m程度を基準に考えます。基本的に上記の寸法を基準に、動線との兼ね合い(通路を広く確保した方がいいのか)や2台目スペースの使用頻度、大きい車に買い替える予定があるのかなど、を考慮して広さの加減をします。

Q. サンルーム・オーニング・物置などの相談もお願いできますか?
A. はい、もちろん承っております。
弊社では各メーカー(TOEX、新日軽、三協立山、等)の製品を取り扱っております。
お客様のご要望(サイズ、用途、ご予算)に合わせて、多数ある商品の中からプロの商品知識を
持ってご提案させていただきます。もちろんご希望の商品があれば、対応いたします。
どうぞ製品のご相談から、施工まで一貫してお任せください。

Q. 駐車スペースの素材にはどのようなものがありますか?
A.
主な素材(仕上げ方)としては、コンクリート、レンガ、自然石の乱貼り、
平板、ピンコロ(小舗石)、枕木、砂利敷きなどがあります。

これらの素材を組み合わせて、建物の外観と調和させたり、車が止まっていない時でも
殺風景にならないようなデザインができます。以下でそれぞれの特徴を簡単にご説明します。


Q. ウッドデッキを作りたいが、どのような種類の木を選んだらいいですか?
A.
ウッドデッキに使用する木材のうち、
①天然木でスタンダードなウェスタン・レッドシダー
②天然木で耐久性に優れたセランガンバツなどのハードウッド
③メンテナンスフリーの人工木材、から選ばれると思います。

それぞれ特徴がありますので、自然の木材にこだわるのか、メンテナンスが楽な方をとるのか、
好みとご予算に合わせてお選び下さい。

Q. 道路や隣の家からの視線が気になります。
外観を損ねないで、さりげない目隠しの方法はありますか?

A. 目隠しの方法としては、植栽とフェンスが一般的です。
目隠しフェンスなどで全てを遮蔽してしまうのではなく、ルーバー状のフェンスの間からや、落葉樹の枝の間から先が見える
ような目隠し等でも、間にワンクッションあるだけで心理的な目隠し効果を望めます。同時に奥行き感も出るので、
お庭が広く感じられる効果もあります。また、最近では各メーカーから続々と出ているサイドスルータイプのテラス囲いや、アルミ材のおしゃれなパーティション素材やオーニングを使った目隠しなども色々と考えられます。
ご要望にぴったりのご提案できると思いますので、ぜひ一度ご相談ください。


Q. バリアフリーに対応したエクステリアやガーデンにリフォームできますか?
A. アプローチを車いすでも通れる広さのスロープにしたり、
手すりを設置するなどして、楽に移動できるようにすることができます。
またスペースが許すようであればベンチを置くのも良いと思います。
お庭を楽しむプランとしては、水道を腰高の流しにしたり、花壇や作業台を高さのあるものすれば、
しゃがまなくてもガーデニングが楽に楽しめるようになりますので、おすすめです。

Q. 水道を使い易い場所に移動して、レンガなどで格好良い立水栓を作ってもらえますか?
A.既存の水道が使いづらい場所にある場合は、移設あるいは増設致します。
立水栓につきましては、既製品でレンガや枕木などをつかったおしゃれなものがたくさんあります。

また、オリジナルでレンガや自然石、枕木などを使ってお庭のポイントとなる素敵な立水栓をおつくり致します。

Q. 犬を飼っているが、犬の為のガーデンプランにはどんなものがありますか?
 A. ワンちゃんも大事な家族の一員ですから、一緒にくつろげるようなお庭にしたいですよね。
こんなガーデンプランはどうでしょうか?
庭に放しても大丈夫なように、庭をフェンスで囲ってしまう植栽に入らないように、
花壇の見切りを高くする犬用の足洗い場を設置するサンルームを設置して、
冬は暖かく過ごせるような場所をつくる

Q. 庭の水はけが悪いが、改善するにはどうしたらいいですか?
A. 通路のような場所であれば、水たまりができないように整地をした後に砂利を敷くのが良いと思います。
勾配をとって集水枡を設置するのも効果的です。そのほかコンクリートなどで舗装をし、水勾配をとる方法もあります。

Q. 子供が遊べる砂場や芝生の庭をつくってもらえますか?
A. 砂場に関しては、砂場で遊ばなくなった後に土を入れ替えて花壇にできるような提案をしております。
お子様を遊ばせられる、砂場や芝生のお庭というのも多くいただくご要望です。
室内から見てお庭のポイントとなるような場所に作れば、室内からお子様を見ていられるので安心です。
項目を追加